「想い」と「表現」

当クラブでは、年末に毎年ノートをプレゼントしています。自分の「想い」を感じ、「想い」を描く習慣を身につけて欲しいからです。

ダンスには様々な要素がありますが、その根源は、祈りや願いです。人々の「想い」を、身体を通して「表現」するのが本来のダンスです。

表現とは、表に現すと書くので、内側に表に現したい「想い」がなければ、それは本当の意味での「表現」とは言えません。

「想い」があって、「表現」があるのです。もっと言うと、「想い」があるから、「表現」が生まれるのです。

ダンスを含め、これまでの教育は、「想い」を育むことよりも、既存の表現手段を身につけることを優先してきました。

しかし今、そのような表現手段は、人間からロボットやAIにどんどん置き換わっています。

まさに、人間の存在意義が問われているような時代です。

だからこそ、当クラブでは、子ども達の「想い」を守り、育むことを何より大切にしています。

子ども達の優しくて温かい「想い」は、希望であり宝物です。

どんな時代になろうとも、「想い」されあれば、新しい「表現」を生み出すことができる人間の能力を信じています。

Life is a Dance!
————————————————————-
子ども達のために一緒に美しい世界を創りましょう!
無料体験レッスンのお申し込みはこちらから。
————————————————————-

関連記事

  1. 家族愛

  2. ほめ探し

  3. 新しいチャレンジ

  4. 違和感

  5. “想い”がすべて

  6. 場を創る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA