ほめ探し

クリエイティブクラスのレッスンでは今、
夏のスタジオ発表会に向けて、グループで制作中のダンスを、
お互いに発表し、感想を伝え合うことを行っています。

感想を言うときは、まず「良かったところ」を伝えてもらい、
そのあと、「もっと良くなりそうなところ」を伝えてもらいます。

例えば、「良かったところは、みんながとても楽しそうに踊っていたところで、
さらに良くなりそうなところは、もっと歌いながら踊るといいと思いました。」

とか、

「良かったところは、みんなの振付がすごく揃っているところで、
さらに良くなりそうなところは、もっと笑顔で踊るといいと思いました。」

といった感じで、できるだけどちらも言ってもらうようにしています。

ポイントは、まず「良かったところ」を言ってもらうこと。

どんなことでも「あら探し」をするのは簡単です。
だけど、結局は誰も幸せにすることはできません。

それよりも、優しい目でまずは「ほめ探し」をする方が、
自分も相手も幸せにできる可能性があります。

そして、「ほめ探し」をしている中で感じたアドバイスなら、
相手にもきっと「応援」として届くのではないかと思います。

これもまた、“Life is a Dance” を掲げる当クラブとして、
子ども達に伝えたい、幸せになるためのダンスの1つです♡

☆NORRY☆

関連記事

  1. 新しいチャレンジ

  2. 見つめ直す

  3. 表現と応援

  4. きめるのはきみ

  5. 違和感

  6. ただ見守る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA